景気を測り、チーム力を測り・・・考え作るのが計画。

ナルシスト計画はご法度・・・会社が滅ぶ。

規範に示している個の人生計画と、個の集合体である組織の事業計画を

比較してみますと、難易度の相違は歴然。

しかし要員なり人材は、把握、認識する事。それはUIWの義務。

Why@

エクセレント・カンパニーと言われる大企業には、セグメント別の各事業部のトップ

には超頭脳と経験豊かな人財がシフトされ、それら部門から挙がってくる

損益・投資計画に基づき、超エリートである財務のプロが、利益計画より

予算を組み、資金計画を立てるにもかかわらず、わずか半期で大幅な

上方、下方、修正を強いられる現実。また四半期(3ヶ月)でそのような計画修正を

余儀なくされ、計画の為の計画だったのでは?と思わざるを得ない大企業も

まま見られます。その費やす労力を考えれば・・・大企業故に・・・なせるのか?

WhyA

@に比べ個人の人生計画等は易しすぎと言っても言い過ぎではないでしょう。

A:22才で超ロングタームである38年後のイメージを描き、就職。

そして確認作業を経て、その仕事では38年後の計画の実現は困難と

判断すれば転職そしてまた転職を繰り返しながら、キャリアを積み、風林火山の

ように自由自在に手法、戦略、場所を変える事も簡単。自制さえ出来れば資本の

蓄積(貯え)も出来ます。

B:5年スパンでの計画であれば、32才位には社会に揉まれ、大よそ自分の実力も

少しずつ認識出来、計画の上・下方修正により、かなり現実味のある28年後の

イメージ計画も創りやすい。

個人情報保護法
利用条件