UIWが望む人材・報酬に対する考え方

普通の人は「時間が規則的であり、仕事の内容も頭脳・精神労働ではなく」・・・

その上高給を望みがちです。しかしそれが通用したのは高度成長時代・・・

バブル崩壊を経て求人サイドの企業、求職サイドの人の意識も変りつつあります。

この労働市場の流動化という潮流は今後も変ることはないと思われます。

まして以前に戻ることは考えづらい。その論拠は【リーダーと知価企業】。

人員・人材の市場経済化。ジャパニーズ・ドリーム

30年前の日本では到底考えられない労働市場の流動化、価格変動の

激しい半導体(シリコン・サイクル→上下に激しく変動)は別にしてもデジタル商品、

オイル同様、人も市場により価格(報酬)が決められる時代。

その時代とは人員は需給により価格変動しますが、ミスマッチと言われる人材は、

専門性、エンプロイアビリティ、管理能力、人間性により市場価格が決定され、

頭脳労働の成果報酬型を望むサラリーマンは男女を問わず年収10億円も夢では

ありません。事実1年前には、納税額約37億円というサラリーマンが存在します。

今後はますますその人の意欲と情熱、能力により、ジャパニーズ・ドリーム

具現者は、次から次へと現れると思います。

そこでUIWの存在意義は?と規範等以下の項目に心より共感を覚えた人材に

ジャパニーズ・ドリームを体現する為の、時と場所と考え方を提供する会社と

理解して頂きたい。・・・時計の針を元に戻すことは出来ない。

個人情報保護法
利用条件