《スマート・グレース・ハイグレード》

2038年までにUIWをスマートGHと形容されるようなブランドに育て、

世に広める。それを確かなものにするには、とてつもない短期での高い

目標設定では倒壊の潜在リスクは大きく、安全第一を優先した事業計画では、

成長の条件とも言える革新・独創の源泉である知恵も生まれず、

帰着した結論はスパンを定め、その都度、柔軟に修整、プロセスでの結果が

良上であれば短く、良下であればスパンの再考を重ねると言う前提であれば

実現せねばならない。超ロングターム故に2011年までに、世界にない

ビジネスモデルの確立。16年までに日本でUIWブランドの周知。

22年〜38年までに世界でUIWブランドの認知。

そのブランドイメージは、《スマート(S)・グレース(G)・ハイグレード(H)》

というブランドの確立には「清く・・・美しく」という『清貧の思想』では叶いません。

企業である限り、「清濁併せ呑む」度量を備え、SGHを併せ持つ『清富の思想』に

よる高収益体質のモデルなり企業文化を構築、継続、進化を進め得る人材が

集結した時、はじめて成長の持続が叶う。

「清く、正しく・・・」は人としての基盤であり、基盤なくして信頼は得られない。

それに向け歩を進め、未来はエルメスの伝統(トラディッショナル)を冠せる

ライセンス企業という多難な未来を背負い続けねばならない若者は・・・

それが伝統・・・。

「今日の青年は昔と比べ、失敗するものが多いが、それらは彼らが種子をまくやい なや直ちに果実が取れるものと期待するからである。これは今の青年の大きな欠点である。彼らは、好機は勤勉努力の犠牲を払わずとも、自分の方へやって来てくれるものと期待する。」           鉄道王 ヒル

個人情報保護法
利用条件